インフルエンザが流行するような季節には予防接種であったりマスク着用など、様々な対策方法をとっている方が殆どですね。有名なインフルエンザ治療薬のタミフルは予防に使うことも出来ます。当サイトではタミフルに関する様々な情報を提供していきます!

緑のウィルス
  • ホーム
  • 人気のインフルエンザ治療薬、リレンザ

人気のインフルエンザ治療薬、リレンザ

インフルエンザの際に用いられる治療薬は1つではなく、複数の種類が存在しています。
その中にリレンザと呼ばれる治療薬がありますが、リレンザは吸入式タイプの吸入薬です。
吸入式の薬は専用吸入器を使用し、吸い入れた粉末状の薬を気道に直接触れさせることでインフルエンザウイルスの増殖を早急に抑える効果があるといわれています。
A型とB型の両方に有効なので、できるだけ早く症状を緩和したい患者さんや健康上の理由などで早めに緩和する必要がある場合に用いられます。

別名をザナミビルと言い、薬品としてはザナミビルと呼ばれています。
リレンザは商品名なので、正式にはザナミビルと呼ぶことが正しいようです。
ザナミビル及びリレンザの薬としての種類はノイラミニダーゼ阻害薬で、ノイラミニダーゼはインフルエンザウイルスが細胞から逃避するために必要な物質です。
ノイラミニダーゼの働きを阻害することで逃避を防ぐことができ、ウイルスの行動で最後に行われる逃避及び放出を抑えることができます。

インフルエンザウイルスは喉から気管支と肺に存在するとされるため、薬品を吸入器で喉から気管支部分に届けることはとても効果的といわれています。
薬品を服用する時は飲み込んだり注射器で注入する方法もありますが、リレンザに関しては吸入で服用することで効果が発揮されることが分かっています。
吸入以外の方法で服用しても効果が乏しくなることも明らかにされているため、専用吸入器で服用しましょう。

リレンザはインフルエンザA型とB型だけでなく、鳥インフルエンザにも有効ということが実験によって判明しています。
ただ、この実験は試験管レベルの実験なので実際に治療薬として用いた時に本当に鳥型にも有効なのかについては定かではないようです。
また、A型B型に次いでC型と呼ばれるインフルエンザもありますが、C型には効果を発揮しないためA型とB型の治療薬として用いることが正しいとされます。

リレンザの服用方法のコツ

リレンザ(ザナミビル)をインフルエンザA型又はB型の治療薬として用いる場合、ただ服用するだけでは効果が発揮されないことがあります。
専用の吸入器で服用することはもちろんですが、発症してからの経過時間によっては服用しても効果が発揮されないことが知られています。
インフルエンザを発症してから48時間以内にリレンザを服用しないと期待通りの効果は現れず、ウイルスの増殖を防ぐことができません。

48時間を経過してから投与したケースもありますが、この時はほとんど効果が現れなかったと言います。
ウイルスが結合した細胞から逃避することを防ぐ作用があるため、増殖してしまった状態に投与しても効果が発揮されないということが考えられています。
結合細胞からウイルスが逃避することは拡散することを示し、逃避してしまったということはウイルスがたくさんの細胞に移った(増殖した)ということになります。

ノイラミニダーゼ阻害薬のリレンザ(ザナミビル)をインフルエンザの時に用いる際は、感染して発症した後48時間以内に投与するようにしましょう。
インフルエンザの初期症状は風邪に似ていることもあるため48時間以内の段階で治療薬を受け取りに行かない方もいるようですが、異変を感じたら早めに受診しましょう。
何かしらの事情で48時間以内に受診できなかった場合も、医療機関に言って診てもらうと適切な治療が行えます。

医療機関でリレンザ(ザナミビル)を受け取ったら、その場で吸入してみることが勧められています。
行える環境の場合は、1回分をその場で吸入服用します。
発症後できるだけ早く投与する必要があることがその場で吸入すると良い理由で、医療機関側から吸入方法を教える目的で1回分の吸入を促すこともあります。

関連記事