インフルエンザが流行するような季節には予防接種であったりマスク着用など、様々な対策方法をとっている方が殆どですね。有名なインフルエンザ治療薬のタミフルは予防に使うことも出来ます。当サイトではタミフルに関する様々な情報を提供していきます!

緑のウィルス
  • ホーム
  • 効果半減!?正しいマスクの付け方について

効果半減!?正しいマスクの付け方について

花粉が飛ぶ時期やインフルエンザが流行する季節には、マスクの着用が欠かせません。
インフルエンザの菌や花粉を鼻や口への侵入から防ぐ事が出来ます。
しかし、正しく着用出来ていない人が全体の73パーセントを占めているのです。

正しい付け方ですが、まずはマスクを付ける前に石鹸で手を綺麗に洗い流す必要があります。
ウイルスが付着した手で取り付けると鼻や口から感染するリスクがあります。
ウイルスが付かないように清潔な手にしておく事が大切です。
最も多く流通しているプリーツ型マスクでは、プリーツの山がある部分を下に向けて着用する必要があります。
真逆にマスクを付けてしまうと折り目の部分にインフルエンザ菌や花粉が溜まってしまい逆効果となってしまいます。
表裏を間違える事で折り目に付着した菌が鼻や口に侵入し易い状態に陥ってしまいます。

マスクによっては、表や裏や上下の印が記載されていますので、付ける前に表裏と上下をしっかり確認する必要があります。
また、印が無いマスクの場合は、鼻の周り用の針金が入っている方を上にする事が正しいマスクの付け方になります。
マスクを付ける手順ですが、ゴム紐を広げてプリーツ部分を伸ばしていっぱいに広げます。
マスクを顔に当てながら鼻の周りの針金を鼻の形に合わせていき鼻とアゴをしっかり覆うように取り付けます。
しっかり顔にマスクをフィットさせた状態でゴム紐を耳に掛けます。

このように取り付ける事でマスクの効果を100パーセント発揮させる事が出来ます。
付けた後は、鼻、口、アゴまでしっかりガード出来ているかチェックする事が重要です。
プリーツ型以外では、カップ型や立体型といった商品も販売されています。
人が多い所に長時間いる場合には、顔への密着性が高いカップ型や立体型を使うと良いでしょう。
逆にガーゼマスクは、効果が薄くフィルターとしての機能が弱いです。
屋外や人混みの中で使う場合には、プリーツ型や立体型を採用する必要があります。

マスクは外した後も手洗いをするのが大切

マスクを付けて屋外から自宅に帰った場合、通常はすぐに取り外します。
その使用後のマスクも外し方を誤るとウイルスに感染する可能性があります。
使用済のマスクを外すときには、フィルターの部分に直接触れないようにする必要があります。
ゴム紐の部分を持って取り外しビニール袋に入れたら蓋付のゴミ箱に捨てる事が大切です。

外して捨てた後には、石鹸を使い入念に手洗いをしてウイルスを洗い流します。
一般的に使い捨てのため再利用せず必ず廃棄する必要があります。
勿体無いからといって使用済の物を再び着用するとウイルスに感染するリスクが高まります。
使い捨ての意識を常に持って使い終わったらすぐに外す事が重要となります。

使い終わったマスクには、大量のウイルスが付着しているリスクがある為、使用後のマスクの取り扱いには十分気を付ける必要があります。
外すときは、最もウイルスが手に付着し易いです。
少しでもフィルター部分に触れてしまったら時間を掛けた手洗いをする事が大切です。

また、外したマスクを机や床に放置しておく事もウイルス感染に繋がるケースがあります。
外した物をそのままにしておくのではなく、素早く廃棄しなくてはなりません。
家族に小さなお子さんがいる場合には、特に要注意が必要となります。
乳幼児は、免疫力が少なくウイルスに感染し易いです。
使用済マスクを誤って触ってしまうだけで、感染してしまうリスクがあります。
外したら即廃棄をするくらい慎重になる必要があります。

以上、マスクは付け方でしっかりと菌の侵入を防げるアイテムです。
正しい付け方と取り外し方を実践する事で100パーセントの効果を引き出す事が出来ます。
取り扱い方の知識をしっかり持っておく事が大事です。

関連記事